ビタミンC誘導体でニキビ痕のシミや赤みを改善

ビタミンC誘導体

ビタミンCが肌に良いということは何となく知っている方も多いはず。

 

ビタミンCには、メラニン色素の抑制、メラニンの生成の還元、活性酸素の除去(抗酸化作用)、ニキビの色素沈着の防止などの効果がある美白成分の一つです。

 

また、ビタミンCは、肌細胞の栄養源となるコラーゲンの生成を促す働きもあります。コラーゲンが豊富な肌はターンオーバーが活発で、メラニンが沈着しにくくなるため、シミの予防にもつながります。

 

水溶性のビタミンCを改良したのがビタミンC誘導体

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、食物から摂っても一定量しか体に吸収されず、残りは排出されてしまいます。そのため、食べ物だけでは、肌に充分なビタミンCを届けることができません。さらに、直接ビタミンCを肌つけても浸透しにくいという特徴もあります。

 

このビタミンCの弱点が改良されたものが、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを化学的に変化させて肌に浸透しやすくした成分で、肌に入るとビタミンCに変換されてその効果を発揮します。

 

ビタミンC誘導体のおかげで、化粧品などに用いても酸化しにくく、ビタミンCを安定して肌に浸透させることができるようになりました。

 

また、ビタミンC誘導体は、厚生労働省にも認可されており、安全性も高く、医薬部外品として販売されている有効成分の一つでもあります。

Facebookページもご覧ください