メラニン色素の生成を抑制するコウジ酸

コウジ酸

コウジ酸とは、酒造りなどに使われる麹に含まれる麹菌を培養して作られる美容成分です。

 

コウジ酸の誕生は、酒職人の手が白くきめ細かいという点がきっかけとなり、麹に含まれる成分が研究されるようになったそうです。

 

その後の研究により、コウジ菌がメラニンの生成を抑制することがわかり、その美白効果から、現在では化粧品などにも配合されています。

 

コウジ菌の働きは、メラニンを黒色化するチロシナーゼの働きを抑えることです。

 

紫外線を受けて肌がダメージを受けると、肌を守ろうとしてメラノサイトからメラニンが生成され、メラニンにチロシナーゼが作用することで、メラニンが黒くなり、日焼けやシミの原因となります。

 

コウジ酸はこのチロシナーゼの働きを抑制するので、メラニンが黒くなることを防いでくれます。その結果、肌が白くなったり、シミが薄くなったりするのです。

 

コウジ酸は、ハイドロキノンより即効性のシミ消し効果はありませんが、低刺激で副作用がほとんどないので、お肌が弱い方や安心して使用したい方にオススメの美白成分です。

 

コウジ酸の復活

コウジ酸は、2003年、肝がんを引き起こす可能性があるとして、化粧品・医薬部外品へのコウジ酸の使用が禁止されてしまいました。

 

しかし、2005年に厚生労働省が「適正に使用される場合にあっては安全性に特段の懸念はない」との見解を発表し、コウジ酸の化粧品・医薬部外品への使用の禁止が解除されました。

 

こうして安全性が確認されたコウジ酸は、再び美白成分として注目を浴びています。

 

コウジ酸配合のシミ取り化粧品

Facebookページもご覧ください