肝斑の原因と化粧品の効果

肝斑とは?

肝斑

肝斑(かんぱん)とは、顔にできる淡褐色のシミです。日本人の皮膚は肝斑ができやすいといわれています。

 

肝斑の症状は、特に30〜40歳以上の女性に多く見られます。しかし、まれに男性にも発症することが分かっています。

 

肝斑は、ほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。また、肝斑の大きな特徴は、目の周りは避け、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。

 

額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。このように、肝斑は、顔色全体に与える影響が大きくなります。

 

原因は?

肝斑の原因は、特に女性ホルモンと関係していると言われており、以下の4点が主な原因とされています。

 

ホルモンバランスの崩れ

30〜40歳代の女性に多い肝斑は、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに引き起こされることもあります。そのため、閉経後の発症はほとんどなく、加齢とともに薄くなったり消えたりする傾向もあります。

 

紫外線

紫外線があたりやすい顔の両ほほや額に肝斑が発症することが多いため、紫外線も関係していると考えられています。

 

ストレス

女性ホルモンのバランスが崩れるようなストレスや睡眠不足など不規則な生活は、肝斑の発症や、症状の悪化につながることもあります。

 

肌への刺激

顔をゴシゴシこすり洗ったり、過度のフェイシャルマッサージによる皮膚への過度の刺激が症状の悪化にもつながります。

 

予防法は?

肝斑の予防法は、上に書いたような原因に気をつけることです。

 

もちろん女性ホルモンのバランスを保つことも大事ですし、肝斑予防だけに言えることではありませんが、生活習慣として、紫外線対策を行い、ストレスを溜めず、十分な睡眠をとることも重要です。

 

また、肌の刺激を減らすためも、肌に合わない化粧品は避け、洗顔やマッサージ等には十分気をつけるようにしましょう。

 

このように肝斑の発症にはストレスや生活習慣も大きく影響します。男性だから関係無いと安心せず、過剰なストレスを溜めず、規則正しい生活を心がけることもとても大切です。

 

補足ですが、肝斑を早く消したいがために、レーザー治療という選択肢を取りたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、肝斑に関しては、レーザー治療が逆効果となることもあります

 

レーザー治療を受ける前に、必ずご自身のシミのタイプ・種類をしっかり専門医に診断してもらったうえで、適切な治療法を選ぶようにしましょう。

肝斑におススメのシミ取り化粧品

アンプルール

アンプルールは、皮膚の専門家が先進の皮膚科学理論に基づいて開発したドクターズコスメです。新安定型ハイドロキノンが配合されているのでシミ取り効果も高く、肌に潜むシミにもしっかりと働きかけてくれます。雑誌でも取り上げられるほどの絶大な支持を得ている化粧品なので、安心して使用することができます。

 

 

価格

送料

容量

評価

1,890円

無料

お試しセット(10日分)

シミ,肝斑,かんぱん,原因,化粧品,男

Facebookページもご覧ください