シミができやすい部位

シミができやすい部位

シミができやすい部位は、紫外線を受けやすい顔、手、背中、腕などになります。

 

昔に比べれば、肌を焼くようなことをしなくはなったけれど、若い頃の日焼けの跡が歳を重ねていくうちに徐々に目立つようになってしまうこともあるのです。

 

でも、当時は、若かったし、小麦色の肌くらいが格好良かったりしましたよね?それはそれで、良い思い出ですので、今あるシミを消しながら、これ上増えないようにしていけばいいのです!

 

顔、手、腕、背中は特にシミが出来やすいということを意識しながら、普段から紫外線対策を入念におこないましょう!

 

顔でシミができやすい部分

腕は隠せても、顔を隠すことはできません。顔でできたシミは特に気になりますよね?

 

ここでは、顔のどこにシミができやすいかについて簡単に説明します。

 

男性の顔のシミ

髪の生え際や眉の上など部分的にできる。日焼けの蓄積も起こりやすく、額全体にできるとかえってシミと言うことに気づかない場合もある。

 

目の周り

目頭と鼻の間のくぼんだ部分、目尻のあたりや、髪の生え際にできることが多い。

 

日光が多くあたるということもあり、頬骨の高い部分にできることが多い。お化粧からの色素沈着が起こることもある。

 

口のまわり

口角から下の部分にできやすい。上唇にできるとヒゲのように見えてしまう。

 

 

簡単シミのチェック

蛍光灯を肌に近づけて鏡で見てみましょう。
日ごろ気づかない所(特に、額やほお、鼻の下など)に、ごく薄いシミや皮膚の下に隠れているシミのようなものが見えませんか?

 

Facebookページもご覧ください