肌にできるシミの正体とは?

シミとは?

シミ(しみ)とは一体何なのか、そして、なぜできてしまうのかについて解説します。

 

シミとは、身体にメラニン色素が蓄積され色素沈着となり、皮膚の表面の色が、茶色・褐色色に変化してしまうことです。

 

ほとんどのシミの原因は紫外線により身体のメラニン組織が増大することによるものです。

 

シミと一言で言っても、実は色々と種類があることをご存知ですか?

 

  • 肝斑(かんぱん)
  • 雀卵斑(じゃくらんはん)
  • 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
  • 脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)
  • 炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく) など

 

紫外線のほかには、加齢による代謝力の低下、ホルモンバランスの崩れや睡眠不足、カミソリ負けやにきび痕などの皮膚への刺激などもシミができる原因です。

 

シミと紫外線の関係

シミができる原因のほとんどは、日光からの皮膚への刺激である紫外線によるものです。

 

健康な皮膚は紫外線を浴びると、『メラノサイト』という細胞で『メラニン』という黒い色素を作ります。これは、紫外線から組織を守ろうとする身体の働きであり、メラニンは紫外線を防ぐフィルターの役目を行って、紫外線による細胞の遺伝子破壊を防いでいます。

 

メラニンを含む表皮細胞は通常、新陳代謝(ターンオーバー)により新しく作られた細胞に押し上げられ、剥がれ落ちていきます。しかし、紫外線の影響や皮膚の老化により、メラノサイトの性質が変化・増加することが原因で、メラニンが過剰につくられ、メラニンの生成と排泄のバランスが崩れます。

 

これにより、通常であれば剥がれるはずのメラニンがうまく剥がれず残ってしまい、1ヶ所にメラニンが集中して塊ができ、シミとなってしまうのです。

 

ターンオーバーとは?

男性だと馴染みの無い言葉かもしれませんが、スキンケアをしている方なら『ターンオーバー』という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

肌は真皮(しんぴ)、その上に表皮(ひょうひ)と呼ばれる部分に分けられます。表皮は内側から、基底層、有棘(ゆうきょく)層、顆粒(かりゅう)層、角質層というように重なっていて、基底層で作られた細胞が分裂し、形や構造を変化させて肌表面へと押し上げられていき、最後には垢としてはがれ落ちます。

 

この肌の生まれ変わりターンオーバーといいます。

 

このターンオーバーの周期というのは、実は、年齢によって変わってきます。
下記の表は、年齢別のターンオーバー周期の目安です。

年齢

ターンオーバー周期

10代

20日

20代

28日

30代

40日

40代

55日

50代

75日

60代

100日

 

ご覧の通り、年齢を重ねるごとに、ターンオーバー周期が長くなります。つまり、これが何を意味しているかというと、年をとると、シミなどがなかなか消えなくなってしまうという事です。

 

そのため、綺麗な肌を保つためには、古い角質を溜めこませずに、ご自身のターンオーバーの周期を知ったうえで、スキンケアを行うことが大切になるのです。

Facebookページもご覧ください