顔のたるみの原因と解消法

顔のたるみの原因を知る

年齢を重ねるとシミも気になりますが、「顔たるみ」も気になってきたりします。肌の状態で個人差はありますが、若く見えたり、老けて見えてしまう事もあります。

 

顔のたるみの原因は、肌の弾力が低下です。肌の弾力は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が肌の真皮層にバランス良く存在していることで保たれます。では、何によってこの肌の弾力が低下してしまうのでしょう?

 

紫外線

紫外線、真皮層にまで届き、肌の弾力を保ってくれるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分を作り出す細胞(線維芽細胞)にダメージを与えます。この細胞がダメージを受けると、ただの弾力を保ってくれる成分が適切に生成されなくなってしまいます。

 

生活習慣

肌の改善には、やはり生活習慣も見直す必要があります。たんぱく質やビタミンCなど栄養のバランスのとれた食生活や十分な睡眠は必須です。

 

乾燥

肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を保てなくなってしまいます。

 

加齢

残念ながら、加齢もたるみの原因です。真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は加齢により減ってしまいます。

 

表情筋・深層筋の衰え

最近、表情筋を鍛えるようなグッズもありますよね?
表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなり、深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。

 

猫背・姿勢の悪さ

最近、下ばかり見て姿勢が悪かったりしませんか?
猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。

 

顔のたるみの解決法

下記の@〜Cは、顔のたるみに限らず、シミについても言えることです。これまでこのサイトでご紹介したページをご参照ください。
@紫外線対策
Aバランスの良い食事
B睡眠
C保湿

 

DとEは、簡単なエクササイズですので、下記を参考に試してみて下さい。
D顔の表情筋、深層筋を鍛える
E正しい姿勢

 

顔のエクササイズ

鏡の前で横向きになってみてください。猫背になっていませんか?猫背を続けていると背骨を支える筋肉が衰えてしまいます。

椅子の座り方を意識して、猫背にならないようにする

椅子に座り、腰の部分にタオルやクッションを挟むことで、姿勢を維持することができます。肩甲骨を背骨の中央方向に寄せたり離したりして動かすことで血行も良くなります。

あいう体操であごの下の筋肉を鍛える

あごの下にある顎舌骨筋が衰えると、あごの下のたるみや頬も下へとたるんでいってしまいます。これを解消してくれるのが「あいうー体操」です。
「あ」10秒間:大きな「あ」の口をする
「い」10秒間:口をできるだけ横に引いて「い」の口をする
「う」10秒間:「う」の口をする

口の周りの筋肉を鍛えて、口元のたるみを解消

簡単なのはガムを噛むなと、できるだけ口元を動かすことです。その他、口の周りの筋肉を鍛える方法は下記の通りです。
上下の唇をつけたまま、唇をできるだけ横に引き、5秒キープ
そのまま口角だけをできるだけ上げ「にっ」と笑うようにして5秒キープ
このセットを5回繰り返す

 

顔がホクホクしてきたら、正しい顔エクササイズができています。

 

エクササイズ検証

顔のたるみがどこまで解消されるかを体験してみたいと思います。毎日、上記のエクササイズをしていき、2週間後くらいに報告したいと思います。

 

<実施前>
少したるみもあるのですが、ほうれい(法令)線がかなり目立っています。
これをどうにかしたいと思っています。
顔のたるみBefore 
<実施後>
どうですか?
冬から春にかけてはマスクの季節。今回のチャレンジは冬だったので、通勤中の電車の中でばれないようやってました。あまり大きな違いはないのですが、顔の筋肉を動かしたので、少し締まった感じになったような!?顔を動かすと結構、スッキリしますよ!一度はお試しあれ!!
顔のたるみAfter

 


 

Facebookページもご覧ください

顔のたるみ | 男も得するイケメン肌のためのマメ知識関連ページ

運動がもたらす肌への効果
運動をして汗をかくと何となく肌がキレイになるような気がしますよね。実際、汗をかくと体内の不要な成分が身体の外に排出されます。また、新陳代謝がよくなることで、皮膚の再生機能も高まり、ターンオーバーを整えてくれます。肌はもちろん健康にもよい運動を通して、ついでに腹筋も割れたらまさにイケメンですよ!
睡眠がもたらす肌への効果
健康には十分な睡眠は不可欠です。そして、もちろん、綺麗な肌を手に入れるには睡眠が必要です。睡眠と肌は密接な関わりがあります。質の良い睡眠を取ることで、シミやシワを寄せ付けない肌づくりをすることできます。ここでは、睡眠がもたらす肌への効果について解説します。
紫外線対策でシミ予防
紫外線は、シミの原因になるし、何となく肌には良くないということはわかっているけど、正直ちゃんと理解していない方も多いのでは?シミ取り化粧品の使用と同時にシミの天敵である紫外線対策をしっかり行う事が重要です。ここでは、紫外線について詳しく解説します。
ビタミンでシミとシワ予防
ビタミンは肌に良く、シミやシワ予防にも効果的です。毎日の食事でビタミンA、C、D、Eなどを十分にとるようにすることが重要です。ここでは、ビタミンの肌への効果や摂取する際の注意点などを解説します。
食事の仕方でシミ予防
シミ予防は、スキンケアだけではありません。シミやシワの無い肌をつくるにはバランスのとれた食事も重要です。食生活を見直すことで、肌だけではなく、気になるポッコリお腹ともバイバイできるかもしれません。ここでは、健康にも良く、肌を内側から美しくする食事の仕方について解説します。
毛穴ケア
シミ予防をしていると鏡で顔を見る機会も多いのではないでしょうか。シミも気になるけど、同時に毛穴も気になりませんか?特に鼻の毛穴の黒ずみや頬の毛穴など。毛穴を消すことは大変ですが、綺麗にしたり目立たなくすることは努力次第で可能です。ここでは毛穴ケアについてご紹介します。
夏のスキンケア
日差しが気になる夏。「男なら日焼け」なんて考えているメンズもいらっしゃるかもしれません。ただ、夏の紫外線は強く、1時間外にいるだけで真っ赤になってしまうこともあります。肌への負担を考えると日焼けはしない方がいいですが、働き盛りの男性にとっては難しいですよね。そんなメンズのために夏のスキンケアをご紹介します。夏のスキンケアでイケメン肌に!
ヒゲ対策
男性も年齢を重ねると気になるのが、シミ、シワです。その他にも毎日の日課となっているヒゲ対策も気になるところ。やはり清潔感を保つためにもヒゲを整える必要もありますが、髭剃りで肌も荒れてしまいます。今回は、お試し企画として髭を抜いてみましたので、その報告と対策をご紹介します。
冬のスキンケア
冬の季節のスキンケアは何といっても保湿です。寒さで肌はカサカサ状態。こんな季節にしっかり保湿をしてあげないと、慢性的な乾燥・敏感肌になってしまうこともあります。紫外線量が少ない冬にシミ対策をしてあげて、一年中、素敵なイケメン肌を保ちましょう!
スキンケアの習慣化 その1
シミ取り化粧品の効果が上がっても、スキンケアが習慣化されていないと、残念な結果になってしまいます。でも、メンズからの意見としては、「面倒くさい」なのです。そこでここでは、その「面倒くさい」を打破するためのスキンケアの習慣かについてご紹介します。
スキンケアの習慣化 その2
スキンケアの習慣化させるためのもう一つの方法は、「休憩ついでのスキンケア」です。男性からするとスキンケアは、何となく面倒と思ってしまいがちですが、その面倒臭さを出来るだけ和らげるのが「休憩ついで」でスキンケアをすることなのです。