シミを抑制するアルブチン

アルブチン

アルブチンは、厚生労働省にも認可されている薬用(医薬部外品)の美白成分で、美白成分ハイドロキノンの配糖体(糖以外の物質とオリゴ糖が結合した成分群)です。

 

アルブチンは、シミやすばかすの原因となるメラニン色素の合成成分であるチロシナーゼの過剰な生成を抑制する強い働きがあり、メラニン色素の過剰な生成の抑制、色素沈着の予防に大きな効果があります

 

また、アルブチンには、美白効果を高める独自開発の成分であるα型(α-アルブチン)と天然植物の抽出物であるβ型(β-アルブチン)の2種類が存在します。

 

α型(α-アルブチン)はβ型(β-アルブチン)に対して10倍もの美白効果があるとされています。

 

アルブチンとハイドロキノンの効果の違い

アルブチンはハイドロキノンに比べると美白効果が弱いとされていますが、非常に安定度が高い安全な成分です。実際、色素沈着を消す効果は弱いと言われていますが、チロシナーゼの抑制には高い効果を発揮します。

 

一方、ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれており、強力なチロシナーゼ抑制効果色素沈着改善の効果があります。しかし、強すぎる漂白効果ゆえ、使用方法を誤ると白斑という状態になってしまいます。

Facebookページもご覧ください